岡山白桃の写真

岡山白桃とは、袋掛栽培で生産された岡山県産の白い桃の総称です。1玉1玉袋を掛けて育てることにより白桃の特長である白い果実に仕上がります。やわらかな食感や、味わいの違いを感じるのも楽しみのひとつです。

※「岡山白桃」はJA全農おかやまの登録商標(地域団体商標)です。

商品番号231
3玉(約850g)
¥3,200(送料・消費税込)

2017年度の販売は終了いたしました。

 
商品番号237
6玉(約1.5kg)
¥4,700(送料・消費税込)

2017年度の販売は終了いたしました。

 
商品番号235
10玉(約2.6kg)
¥8,300(送料・消費税込)

2017年度の販売は終了いたしました。

 
【お届け時期/7月中旬頃~8月中旬頃】
申込期間
~2017.7.28
岡山白桃の写真
※写真はイメージです。
 

/桃肌の緑色が消えて、乳白色になったら食べ頃です。赤く着色している場合は、桃のくぼみ部分の青みが抜けた頃が食べ頃です。

香り/桃特有の芳香が豊かに香りだした頃が食べ頃です。

かたさ/手のひらで持った感じがやわらかく、爪先で皮を少しめくると、少し剥がれるぐらいが食べ頃です。


光センサー糖度計を導入することで、甘さの確認された桃を出荷することができるようになりました。