トップページ岡山ニューピオーネ生産者を訪ねて(一) 河西康三さん(総社市)

岡山ニューピオーネ 溢れる果汁と豊潤な味わい。

生産者を訪ねて(一)   河西康三さん(総社市)

歴史の里が育んだ新たなぶどうづくり

国分寺跡

国分寺跡

岡山市から車で約40分、国分寺跡などの史跡が点在する総社市吉備路(そうじゃしきびじ)。この辺りは古くからブドウづくりが盛んで、特にネオ・マスカットの名産地です。岡山ニューピオーネづくりにも、種ナシ技術が誕生して間もない昭和62年頃から取り組んでいます。

 
集荷場での共同出荷作業

集荷場での共同出荷作業

吉備路にある集荷場のひとつ『吉備路秦(はだ)ぶどう集荷場』。ここでは、生産者の方が粒の大きさや色合いなどを一緒にチェックして、日本各地の市場などに品質の揃ったブドウを共同出荷しています。

ここまで進んだ施設栽培

川西さんの畑

吉備路で高品質なピオーネ作りに取り組んでいる河西康三さんの畑を訪れました。

 
河西康三(かわにしこうぞう)さん

河西康三(かわにしこうぞう)さん

河西さんは加温栽培を中心とした岡山ニューピオ-ネに取組まれています。

5月初旬から出荷が始まり、露地物が出荷を始める9月中旬頃までの長期間、高品質な岡山ニューピオ-ネを出荷されています。

 
ピオーネのハウス

ピオーネのハウス

ハウスに温風を送る機械です。

ハウスに温風を送る機械です。

5月初旬頃の出荷に向けた加温栽培では、12月中旬頃に火を入れて(加温をして)から花が咲く頃までの間、ハウス内を23℃位まで暖めます。

その後も枝・葉・実それぞれの生長に合わせるとともに毎日変化する天候(気温・湿度)などにも考慮しながら、細かい栽培管理が必要になります。

 
管理システムの画面1

ピオーネのハウス

管理システムの画面2

ハウス内の温度・湿度はパソコン
によって管理されています。

5月初旬頃の出荷に向けた加温栽培では、12月中旬頃に火を入れて(加温をして)から花が咲く頃までの間、ハウス内を23℃位まで暖めます。

その後も枝・葉・実それぞれの生長に合わせるとともに毎日変化する天候(気温・湿度)などにも考慮しながら、細かい栽培管理が必要になります。

Webショップへ
岡山ニューピオーネ

おいしいおかやまモバイル

http://014okayama.jp/mobile/

おいしいおかやまモバイル

 

CMギャラリー開設!テレビCMの動画を見ることができます!

テレビCMの動画には、はっぴーち・マスキャット・ピオーにゃが出演するコミカルなCM等があります!

テレビCMの動画